逢甲大学への留学を検討しているなら、海外大学情報Navi

逢甲大学 Feng Chia University

1961年に設立された私立大学。英語と中国語の両方で受けることが出来るプログラムも多くある。

英語で履修可能なプログラム:

  • International Business Administration in English, Department of International Business
  • Business and Innovation
  • Big Data
  • Engineering
  • Electrical and Computer Engineering

最新の専門家の口コミ

口コミはまだありません (no comments)

※記載されている情報・年間予算は目安です。実際は、学部・学科など条件によって異なります。

※口コミを含め、情報が古いなど間違っている可能性もありますので、必ず各大学の公式Webサイトなどでお確かめ下さい。

※誤情報を正す口コミも歓迎いたします。学生の将来の為にどうかご協力下さい。

  • 台湾
  • TOEFL59~ IELTS5.0~
  • 100万円未満

基本情報 MOVIE

基本情報 BASIC INFORMATION

台湾
地域
台中市
住所
No. 100, Wenhwa Rd., Seatwen, Taichung, Taiwan 40724, R.O.C.
URL
http://en.fcu.edu.tw/wSite/mp?mp=3
大学種別
私立

Location & Contact

Address

No. 100, Wenhwa Rd., Seatwen, Taichung, Taiwan 40724, R.O.C.

Contact

TEL: +886-4-24517250

Email: iso@fcu.edu.tw

Map

全ての口コミ COMMENTS

口コミ投稿フォーム

アイコンを選択 (icon)

逢甲大学 (Feng Chia University)

残り?文字/?文字まで。(maximum ? letters)

関連ブログコンテンツ RELATED BLOG

海外大学進学後の就職活動はどうすれば?

2020/03/12
「海外の大学に進学したいけど、卒業後の就職が心配」 同じことをたくさんの学生さんが考えているのではないでしょうか? 今回は留学生の卒業後の就職活動に...

【留学生ブログ】大学でのクラス登録は計画的に!

2020/02/08
こんにちは!今回はアメリカの大学に進学をした日本人留学生からの、留学生ブログです。 今回紹介するのは、「アメリカの大学での授業登録」についてです。留...

【英語学習】留学生必見の英語ノート術

2020/01/21
メモが間に合わない!先生の話が早い!英語にまだついていけない! そんな時はメモの取り方、ノートの取り方を工夫しましょう。   効率よくメモを取りま...

【留学生ブログ】19歳女子、アメリカふらり1ヶ月ひとり旅!!!

2020/01/18
今回は、カリフォルニア州に留学していた、Yukaさんからの留学生ブログです。   アメリカ、一人旅   1ヶ月の西海岸ひとり旅をすることになった私。...

大学生に人気なメジャー(専攻)トップ7

2020/01/13
今回は就活に有利になるかもしれない?!留学生・大学生に人気な専攻を7個紹介します。   Computer Science    コンピュータサイエンスの分野では...

アイコンタクトが苦手な日本人

2019/12/24
みなさんこんにちは。海外大学情報ナビ総支配人のフランクです。 今回は日本人が英語を話す際に最も気をつけてほしいことを書いていきます。   目を見て...

【英語能力試験一覧】海外大学進学・留学出願に使います!

2019/12/22
今回は海外大学進学・留学する時に欠かせない、英語能力試験についてまとめました。 主な海外大学では日本で有名なIELTSやTOEFLのスコア以外にも様々な英語の...

海外大学進学のメリットを考える

2019/12/17
みなさんこんにちは。海外大学情報ナビです。 今回は海外大学に進学するメリットを考えていきたいと思います。   専門分野を学びたいなら海外大学  ...

【193か国】英語で覚える国名と首都

2019/12/15
世界193か国の国(英語名)と首都(英語名)をアルファベット順に並べました。   留学先を迷っている人は、国と言語を見比べて世界への選択肢を広げてく...

読書時間ランキング

2019/12/10
みなさんこんにちは。海外大学情報ナビの総支配人のフランクです。 あくまで僕の感覚ではありますが、ここ数年で「子どもたちのある大きな変化」を感じていま...